h2safe

食の安全・安心への取り組み

食材原産地情報について

原産地国、水揚げ地域、水揚げ時期はもとより、トレーサビリティーについても重要視して取り組んでおります。
取り扱い商品の全てについて足跡を辿れるよう、荷主企業様にも働きかけ都度の情報収集を行っております。
食品安全確保対策として、主に札幌市内にある営業冷蔵庫の適正温度帯(-25度以下、-40度以下)にて在庫商品を保管しており、出荷・物流時も同様細心の注意を払い行っております。

美味しさのために

主要取扱商品は、ロシア海域にて水揚げされた直後に漁獲船上にて瞬間冷凍された大変新鮮なカニ類、エビ類を多く仕入れしております。船上冷凍品は非常に鮮度もよく、カニ・エビ共に食品本来の美味しさをお楽しみ頂けます。また、食し方のバリエーションに応じ、加工済みの商品も取り揃えております。

商品衛生管理について

原材料から製品製造への加工方法については徹底管理の下行っております。
冷凍状態の原材料であるため、細菌等については繁殖することはございませんが、細菌検査等についても必要の都度、公的機関に依頼し実行しております。

社員への教育

食の安全への取り組みは扱うものにとって必要不可欠事項であり、販売者として最低限守るべき責任である事を強く認識する事と同時に、更に良化する意識を常に持つように全社教育を行っております。
「企業理念」に向けての取り組みそのものが、意識の高まりを生み「お客様のために何をすべきか」の判断力を養うことができると思っております。